アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

佐々木彩夏ことあーりんは百戦錬磨

もう消えていますが

カツオさんが真山りかのエントリーの「世の中甘くない」について言及していました

 

その中で「真山りか佐々木彩夏はやってきたことは同じなので芸能界は運」的な書き込みが気になりました

 

うむ 確かにその側面もありますね

でも…佐々木彩夏は幾田の修羅場をくぐり抜けて来ているんです

 

 

ハングリー!という謎ドラマにも電波アイドル役としてゲスト出演しましたし

あれ今となっては黒歴史だよね

 

で 真山さんはあーりんより 恵まれてるしチャンスもあったんですよ

声優として2回もチャンスを貰えて

確かアカメが斬る!のイベントにも出演したし 恵まれています

 

 

しかし あれだけアニメ好きをアピールして 

あの棒読み演技は見てて辛かった…

 

あの時アニオタのネットの反応を見ましたが

ボロクソに叩かれていました

 

それに七々々の埋蔵金が終わったあとのブログでも そんなに深く反省してる様子も無かったし

 

てっきり あの出来ならとんでもなく落ち込むもんだと思ったけど…

あそこで自分に甘いどこにでもいる現代っ子の女子高生感が見えてしまった

 

真山さんは隙が見えてる 

 

まあ「世の中甘くない」とかド直球に愚痴を書いてしまうのも アカンしね 

そういうかまってちゃん的なのは よくない

 

 

が そんな話どうでもいいんですよ

 

真山さんは新加入したりったんとぽーちゃんのケアをしてあげたのか?

それは自分の役割ではないと判断して放ったらかしにしたのでは?

みんなの力を合わせてエビ中を有名にしようという協調性に欠けていないか?

自分さえ売れれば良いと思っていないか?

 

確かに芸能界は運ですが そういった中身の人柄も関係してくると思うんですよ

 

別の選択肢もあります

 

「無理していい子キャラを演じる」のをやめて本当の自分をさらけ出す

 

真山りかが売れるのは その時な気がする