アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

「幸せの貼り紙はいつも背中に」はエビ中に終止符を打つサタンだった

エビ中にはファンの誰もが認める名曲があります

「幸せの貼り紙はいつも背中に」です

ぼくもエビ中にどっぷりハマってる時期は大好きな曲でした

この曲がエビ中に提供されて本当によかったと

 

しかし…今にして思えば この曲は最高であり

最悪でもあったのです

 

確かにいい曲なのですが あくまでバラードなんですよね

ハシャギたい若者にとってはただの休憩時間

全員が全員この曲にウットリするわけじゃない

 

それどころか むしろこの曲 一般人が聴いても「?」だと思うのです

 

少し過激な言い方になりますが

この曲 病んでる人が感動する歌ですよね

一般人向けじゃないんですよ

 

日本は病んでる人向け=音楽ヲタ向けの構造があります(下北沢)

たしかにこの曲を歌えば一部の音楽ヲタには評価されるでしょう

 

しかし「幸せの貼り紙」を必殺技として使ってる間は

一般ウケはどうやっても無理だったのです

 

上の動画は横浜アリーナのライブ映像ですが 

歌がはじまるまでの演出も 冷静に振り返ると とてつもなく気持ち悪い…

 

これがマネージャー藤井さんのいい所でもあり 弱点なのです

常識人なので これを必殺技に選んでしまった

 

じゃあももクロは何をしているのか?

ももクロはそういう音楽ヲタからの評価を捨て 売れることを選んだ

今のももクロは一見サブカルに見えますが

EXILEなのです

もうまったく別のフィールドです 

わかりやすく言うと「病んでない人を相手にした」

 

今の日本の音楽業界は「病んでる人を相手にしてる」派と

「病んでない人を相手にしてる」派がある と考えるとわかりやすい

 

じゃあ今のももクロの楽曲ってつまらないの? と言われそうですが

それはまた別の機会に話ます では今回はこのへんで