アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

ときめき宣伝部「ぴょんぴょん」を毎日聴いてる

ももクロ妹分 ときめき宣伝部の新曲

「季節外れのときめきサマー」のカップリング曲「ぴょんぴょん」の解説をします

f:id:tc26_a:20151208210749j:plain

 

結論から申し上げると

ときめき宣伝部 「ぴょんぴょん」は傑作です

 

でも「ぴょんぴょん」が傑作なのにはちゃんと伏線があるのです

作詞作曲をした浅利進吾さんは たこやきレインボーの「めっちゃFUNK」と チームしゃちほこの「大好き」を手がけてます

 

どちらもぼくが大好きな曲です この2曲の凄い所は明るくポップなのに泣かせる所

やや泣かせ曲気味なのに 狙いすぎずにバランス絶妙なんですよね

 

しかし…おそらく今回のときめき宣伝部の「ぴょんぴょん」は

”ガチでストレートに泣ける曲お願いしますw”と頼まれて作った曲なのです

 

つまり泣けると明るいの絶妙なバランスの浅利進吾がガチで泣けるのを頼まれたら

どのようにして”普通とは違った”泣かせ曲になるのか…が「ぴょんぴょん」の聞き所

 

まずぼくは作詞作曲も何も知らずに CDをPCに取り込んで期待せずに聴きました

タイトルが「ぴょんぴょん」なので電波ソングか何かだと思うじゃないですか笑

 

しかしマジな話 初めてCDで聴いた時 

決壊したダムのように泣きました

 

いや ぼくはアイドルの泣かせる曲嫌いなんですよ 泣ける曲がいいって風潮も嫌い

そのぼくの心の壁をハンマーでぶち壊すほどの破壊力なんです

 

まず「ぴょんぴょん」というタイトルですが 

ぴょんぴょん跳ねる心を持ち続けていたい という意味なんです

 

もうねネーミングセンスとか 歌詞とか上手すぎるんですよ 曲もいいし

サビの歌詞の

来週 来月 来年 きっと 

跳ねる ココロ失くさないよ

 ↑跳ねるココロってのが上手いですよね これが綺麗なココロとかだったら泣けません

 

ようするに”普通に泣かせるありがちな青春ソングにはしたくない”という狂気が

とんでもなく素晴らしい歌詞を書かせてしまったというわけですね

 

後半のぴょんぴょんと5人のメンバーが順番に歌うところも最高です

そして なんといっても最後のサビの 「今はまだ大人しくなんてできない!」の後

「いや、したくなーい!!」というふざけた声が入る(たぶん小泉遥香?)

 

真面目過ぎずに ちゃんとふざけてるんですね 

ここを聴いた時 なんて素晴らしいんだろうと感じました

f:id:tc26_a:20151208213527j:plain

それらを踏まえてジャケットの裏を見ると なんかすげぇ泣けます笑

 

2015年のベストとかそんなレベルではありません オールタイムベストの傑作です

 

ときめき宣伝部のぴょんぴょんが入った

「季節外れのときめきサマーぴょんぴょん盤」みなさん是非買って下さい