アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部

同じ8万くらいの価格帯 [KS-3HQM] VS [SONY CAS-1]

最近パソコン用スピーカーを新調しました

クリプトンというメーカーのKS-3HQMです 

f:id:tc26_a:20151224185930j:plain

 

色々なPC用小型高級スピーカー使ってきたのですが

いい加減中途半端なスピーカーやめて 高級なの買って一生使おうと覚悟を決めて

思い切って買いました

 

プロの作曲家などが愛用してる「ジェネレック」というメーカーのスピーカーも検討

したのですが このクリプトンというメーカーは使ってる人が少ないので面白そうだったので クリプトンにしました

 

ただ運任せで試聴せずに購入したわけではありません

アキバのヨドバシカメラSONYのCAS-1(同価格帯のPC用スピーカー)と聴き比べました

 

で 気になる3HQMの音質なんですが ヤバイです

8万するだけあってとんでもない 完全に業務用クラスの音です

「たぶんレコーディングスタジオの音ってこんなだろうな」って音です

「音が良い」というより 全ての細かい音を見逃さない感じですね

あと「音自体は良いけど立体感は無い」ってことも無く パーフェクトです

 

小さいフルレンジスピーカーなので低音が出るのか不安になりますがまったく問題ありません とてつもないベースやドラムが響き渡ります 今時の打ち込み低音も凄い音が出ます 例えばtofubeatsの曲とか問題ありません

 

具体的にこのスピーカーの音を言葉で表現するなら”鳴りっぷりが凄まじい”

音がハッキリと聴こえて音量を上げたら上げた分だけそのまま破綻せず

綺麗な音のまま迫力が増し 楽しめる 画像だけ見るとJAZZとかクラシック用みたいですが 激しいジャンルにもマッチします

 

 

f:id:tc26_a:20151224190037j:plain

この音質の秘密は このメーカーがウリにしてる スピーカーの台です

これにより余分な振動や低音が消えて ボーカルなどが聴きやすくなるのです

例えば 机の上に直にスピーカーを置くと 机の振動も混ざってしまい

”本当はもっと良い音のスピーカーなのに実力を発揮できていない場合が多い”のです

 

なのでスピーカー用アクセサリーを追加するだけ

安物スピーカーであっても別の音に豹変したりします

 

このクリプトンというメーカーは 「もういい加減 最初からアクセサリー付属させて本物の音をお客さんに聴かせてあげようぜ」って発想なのです

高級アクセサリー付属だから8万もするのです(^_^;)

 

しかしこのスピーカー評価わかれます 

たぶん「大したことない」と感じる人も多いかと

 

J-POPを聴いてもスピーカー側の味付けが無いので 人によってはつまらない

確かに細かい音やボーカルが聴きやすいですが 作られた音が好きな人もいるので

そこは好みの問題ですね あと8万なら普通のデカイスピーカー選ぶ人もいるでしょう

 

 

で 話題は3HQMと比べて悩んだCAS-1に移るのですが…

f:id:tc26_a:20151224131811j:plain

SONYのPC用スピーカーで価格は同じ8万くらい(ネットだと7万くらいだけど)

ちょうど自分が2つのスピーカーを試聴して数日後にこの記事が出たんです

この記事 突っ込みどころが多いんですよ

四本さんってライターが気合を入れて なんと2回にわけてCASー1を絶賛してます

が ちょっとおかしい

ああ、ソニーの「CAS-1」ですか。どうせ音はいいに決まってると思いますよ。でも値段が高いんじゃないですか

 ↑こんな前置きがあるのですが 結局のところ これが結論にしか見えないのに

「俺の考えは間違ってたt!CAS-1最高だ」で終わってるんです(^_^;)

ただ、ダイナミックレンジの広さに気を良くしてボリュームを上げていくと、かなり早めに破綻が始まります。

 8万でこれはちょっと酷い気がする 3HQMはそんなに早く破綻はきません

けっこう凄まじい音量まで耐えられます

もうひとつ難点を挙げると、かなりピンポイントでしかステレオ音像は結像しません。でも、これはニアフィールドリスニングに特化した設計なので、当たり前といえば当たり前。

 全然当たり前じゃないでしょ!8万払ってなんでピンポイントでしか良い音で聴けないの!その時点で論外なはずでしょ…このあたりから「この記事トンデモじゃね?」感が

価格的にも真っ向からぶつかるのがクリプトンの「KS-3HQM」でしょう。制振対策として、CAS-1同様以上の気合の入ったスピーカーベースも付属します。リスニング用スピーカーとして本気度の高い製品ですが、ワイヤレス接続はサポートしていません

 ぼくの使ってる3HQMにもちゃんと言及してます が ワイヤレス接続が無いってだけでなぜか全否定笑 なんでやねん この人試聴したことないんじゃないの?

 

つまりこの記事の結論は”8万くっそ高いけどワイヤレス接続があるからOK!”

いやいや最初の前置きの「SONYさん8万はお高いですよ」はどこいったの?

なんで途中から甘々な評価に変わってるのかサッパリわかりません

福沢諭吉8枚って相当な額ですよ それこんな適当でいいの?

 

実際にぼくがヨドバシカメラでCAS-1を試聴した印象も同じで

音量の破綻は早そう ピンポイントでしかステレオに聴こえない気持ち悪い感じ

そして一番重要なのは”かなり作られた音” 作られた音のスピーカーの中では

まぁまぁよくできてるほうですね ってレベルのスピーカーです

 

なのに どうしてみんなここまでCAS-1を過剰に持ち上げるのかな~って不思議です

ようするにみんなSONYが大好きなのですね

 

 

好みの問題とか以前にCAS-1は8万の音には達していません

これは事実です みなさんお店で実際に試聴してみてください 

「あっこの程度か」ですから

音が悪いってわけじゃないよ 8万は客を舐めてるよねって話

 

自分が8万だすなら

価値観が変わるくらいの音を選びますね