アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

「ワールドピース」はグローバル化する社会の歌で ロッカジャポニカのコンセプトはプリキュア

ついに明日CDフラゲ日を迎えるアイドルグループ「ロッカジャポニカ

スターダストプロモーション所属 EVIL LINE RECORDSから発売されます

f:id:tc26_a:20160112225829j:plain

左から内藤るな 内山あみ 平瀬美里 高井千帆 椎名るか

 

表題曲の「ワールドピース」

この歌は間違いなく「グローバル化する社会」の歌です

ここは何処?どうしよう君は何処 叫んでも声は届かない 真っ黒なパーツだらけのゾーン 鬼が出る? それとも 蛇が出る?

↑この部分の歌詞は グローバル化する社会の不安です

 

初めての色 見つけたら そこには いつもの笑顔 会いたかったよ

 ↑ようするに グローバル化してもみんな仲良くって歌なのだな

 

そしてカップリング曲の「WEE FIGHT OH!!!!!」を聴けばわかるのですが

戦う乙女の身だしなみ

 ↑ここのメロディが

 

初代プリキュアの主題歌に似ています

三つ目がとおるの主題歌も同じだけど…

 

これは偶然ではなく 明らかにオマージュです

 

おそらくロッカジャポニカのコンセプトは

グローバル化する社会で世界進出を目標とした

プリキュアを具現化したような

可愛らしいロリロリクールジャパンアイドル

といったところではないでしょうかね

 

もっと細かいことを言うなら 東京オリンピック開催に向けてブレイクを狙っている

(名前にジャパンが入って富士山のマーク)

 

しかし である

 

ほぼ同じテーマなら 3Bjuniorのユニットマジェスティックセブンの

「未知とのSo good」のほうが遥かに出来がいい

 

 

そして

f:id:tc26_a:20151221184859j:plain

現状の華やかさに欠けたロジャポが「ワールドピース」を歌っても

説得力が無いのである

 

「ワールドピース」という楽曲自体はとても素晴らしいです

楽曲が微妙だ という人が多いかもしれませんが 楽曲はいいんですよ

歌っている本人達が”ピース”を歌うレベルに達していないのです

 

仮に…このワールドピースをももいろクローバーZが歌ったら?

MV3分頃の「あいたかったよ」を百田夏菜子が言ったら?

全くの別物といっていいほど 化けるでしょう 楽曲は いいんです

 

ロッカジャポニカの課題は この曲をどこまで育てていけるのかです

ロジャポが世界の架け橋になれることを期待します