アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

5/5 3Bjrロジャポ1部 リーフシトロン2部 ロッカジャポニカが3bjuniorの代表と確信したGW

ももいろクローバーZ妹分 3Bjunior内のユニット

ロッカジャポニカとリーフシトロンのフリーライブを見てきました 

ロッカジャポニカららぽーと横浜 リーフシトロンは東戸塚

f:id:tc26_a:20160506171535j:plain

f:id:tc26_a:20160506171544j:plain

メジャーデビュー組のロッカジャポニカはセカンドシングルの予約イベント

リーフシトロンは3Bjuniorのセカンドシングル発売記念ツアーです

 

ロッカジャポニカららぽーと横浜は1部が12時からでリーフシトロンは2部が

16時からなので回しました(本当はどっちかに絞るべきなんだろうけど…)

 

この日のロッカジャポニカの目玉は”平瀬美里復帰”です その前の3Bjunior

定期公演ですでに復活しましたが ロジャポ単独での復帰はこの日が初めて

それと全員揃ったので”ロッカジャポニカの新曲披露なるか?”でした

 

この日の高井千帆はポニーテール

この時点でテンションが下がりました…新衣装に髪を下ろしたのがいいのに…

(いや別にいいんだけね笑)

 

ロッカジャポニカの自己紹介で事件がありました 大人の事情により平瀬美里の自己紹介が変更に(アラレちゃんの曲の替え歌がマズかったみたいです(^_^;))

ラップ調の自己紹介に変更となりました 高井千帆のうさぎとかめの替え歌自己紹介はそのままです

 

さてライブの感想

途中で他のメンバーも知らされてなかった平瀬美里のソロのサプライズ

大原櫻子の「サンキュー」を歌いました 

 

この平瀬美里のソロは 個人的に衝撃でした 

決して そんなに上手いわけではありませんが 凄くいい ヘタウマとも違う

心が動かされる歌声なのです 

 

MCも少しずつ良くなってきてます

前までは 本当は仲が良いのに言葉に詰まって無音になる時間があり勿体無かった

たまたま良いのではなく 試行錯誤してるのが見て取れるのです

ようするに今まで微妙だった高井千帆が変わってきてる

 

 

 

良い感じのロッカジャポニカ1部を後にして リーフシトロン現場の西武東戸塚

つーか東戸塚ってどんなステージのなのか?何もわからない状態で着きました

f:id:tc26_a:20160506180313j:plain

単なるお店の入り口! なぜここがイベントスペースとして使われてるのか謎(^_^;)

そして…お客さんがとても少ない 優先エリアが狭いのに2部の整理券が余ってる

ロジャポ1部から回してる人も少ない…

 

来た瞬間感じたのは 明らかに他の3B現場と比べて とても平和

 

f:id:tc26_a:20160506180803j:plain

ライブが始まっても 他のアイドルのリリイベよりも明らかに通りかかる家族連れの

反応がいい(ずっと立ち止まって見てくれるわけじゃないけど)

結構長い間立ち止まってくれる元気なおばさんとかもいました

 

3Bのトイレタイムのリーフシトロンって…実は…すごい のでは?

 

歌いながら小さい子にサイン入り折り紙を配る演出も

トークでは栗本柚希がももクロドームツアー中に百田夏菜子のマイクチェックの真似をして「お前後でトイレ集合な」と言われたエピソードを語っていました

 

 

 

 

 

 

さて

ぼくは「ロッカジャポニカは売れない はちみつロケットのほうが上だ」と言い続けてきましたが 2日に日比谷公園で行われたミュージックパーク そしてここ最近のロッカジャポニカを見て 考えが変わりました

 

そもそもロッカジャポニカは アイドル枠とはちょっと違うのでは?

f:id:tc26_a:20160506184654j:plain

他のアイドルが切磋琢磨しあってる枠とは 別のところにロジャポはいる気がする

「ロジャポが他のアイドルと比べて上」という話ではありません

”ロッカジャポニカは別の場所で宣伝すべきであって そこで評価はガラリと変わる”

(可能性がある)

 

例えば ミュージックパークにはちみつロケットが出演して一番の盛り上がりを見せましたが それはあくまで同じ土俵の中で勝っただけで 結局の所 似たようなグループの中の一つでしかないのです

 

でも ミュージックパークにロッカジャポニカが出演していたら?

たぶん勝ち負けとは別の もっと違う価値観をお客さんに提供できたと思うのです

f:id:tc26_a:20160506185722j:plain

↑これが一般的な心に刺さるアイドルだとしたら

 

 

ロッカジャポニカ

f:id:tc26_a:20160506185801j:plain

人の心を包み込むような そんなグループだと思うのです

そして…それをリーフシトロンにも感じます

 

CD音源よりもライブで人の心を動かす 見ていると心が温かくなる

ロッカジャポニカこそ ライブアイドルなのでは?

 

運営側もそれを重々承知で だからこそアイドルフェスではなく

ロッカジャポニカ音霊OTODAMA SEA STUDIO出演なんです

これには大きな意味があるんです

アイドルヲタではなく 別の人達に向けて宣伝するつもりなのです

 

今までももいろクローバーZを目指すべきだと勘違いしてましたが

ロッカジャポニカはスタダ初の まったく新しい価値観のアイドルです

 

そしてそれを支えてるのが

f:id:tc26_a:20160426200304j:plain

内山あみであり

f:id:tc26_a:20160426195201j:plain

平瀬美里

 

この2人からは 美人な子 可愛い子から感じる「傷」のようなものが見えない

色々なアイドルを見てきたけど この2人はまるで 奇跡でも見てるかのような

そんな女の子達なんです

 

 

 

個人的は話になってしまいますが この子達が世に出ないのは何か間違ってる気がする

ロッカジャポニカは”今の日本に必要な何かを持ってる”

今まではサラっとした表面上でしか評価してませんでしたが

神経症になってしまった日本に必要なのは ロッカジャポニカであり

ロッカジャポニカは3Bjuniorの代表に相応しいグループなんですよ

 

歌いたいのうた

特にこの曲から 何か特別なものを感じるんです

 

 

 

はちみつロケットは

f:id:tc26_a:20160423221817j:plain

おそらくアイドルの枠の中でノーガードの殴り合いに参加する方向で売ってく

はちみつロケットだけミュージックパーク出演 アイドルフェスに出演はそういうことだと思う

 

 

マジェスティックセブンは

f:id:tc26_a:20160503204923j:plain

lyrical schoolNegiccoとか好きそうなサブカルに売ってく予定だと思う

 

 

 

今回の「ロッカジャポニカは特別なグループだ」 という想いはとても強度があるので

今後も決して変わることはありません もちろんはちロケも奥澤村も応援します