アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部

はちロケ現状その2 森青葉が変わらなければ はちみつロケットは変わらない

ももクロ妹分 3Bjunior内のユニット

はちみつロケットの現状をこの前書きました


↑このエントリーに補足しますと

はちみつロケットは 

プロ野球選手の松坂大輔に似てる

 

松坂大輔投手は天才です 天才だから新しい球種をすぐ覚えて すぐマスターしてそれでポンポン三振とれました

 

しかし 天才故になんでも投げれるので”得意のスライダーを磨き続けることをしなかった” 中途半端なコントロールのまま それを修正しようと思わなかった

 

松坂大輔はボストンレッドソックスで1年目2年目活躍しましたがよく見ると与四球がとんでもないことになってた

 

はちみつロケットも同じです

はちロケがここ最近行ってる曲に入る前の寸劇

これがお客さんに大ウケで はちロケ凄い!となりました

 

しかしここ最近はそれに甘えている

なんというか 「メンバーがどんな寸劇入れるかポンポンアイディア出して それ実行して盛り上がって成功!」はわかるのですが 

 

それで成功してしまってるが故に

細かい技術を磨くことを疎かにしてるように感じるのです

 

たとえば である

この前行われた浦TIFクレアートでいえば

「黒い週末」に入る時の寸劇だ

 

颯来ちゃん髪切った?とフリ 颯来ちゃんがお客さんに可愛いですか?を連呼して 雨宮かのんが颯来ちゃん可愛いと言おうとしたら咳き込む

 

ぶっちゃけすんげー不自然だったし ネタの面白さに甘えて全然しっかりと寸劇できてなかった

 

「寸劇アイドルってわけでもないし言いすぎだろ」と思われるかもしれないが このテキトーさは後でボディブローのようにじわじわ効いてきます つーか現にこの日出た

 

もう少しキッチリやれば何十倍もイイ感じで曲に入れる

ネタをポンポン考えるのはとでもいいが ”それをきっちりやる”まで頭が回っていない

 

だからいつまで経っても「はちロケは面白いんだけど何か物足りない 素人臭さが抜け切らない」

 

楽曲が良すぎるのも問題の1つです

恋メラもギリギリサマーもお願いメテロティスも良すぎる

楽曲が良すぎるからはちみつロケットが凄いと勘違いしてしまう

 

でもよく聴くと歌声もダンスも結構酷い

酷いだけならまだしも 良かったり良くなかったり安定しない

向上心があるのか無いのか疑問…1部のファンは少しずつ冷める

 

しかし…1番のはちみつロケットの問題点は森青葉だろう

f:id:tc26_a:20160714151448j:plain

↑右

 

森青葉さんははちみつロケットのMC担当です

森さんは頑張ってはちロケを盛り上げようと頑張っている

 

しかし森さんが発する緊張感がお客さんにも伝わり

どうしても華やかさキラキラ感 見てて癒される感じが無いのだ 見ていて緊張を強いられる

 


↑例えばこの動画

PAさんがミスして森さんが「どんだけ煽るの」と突っ込んでるがあまりウケず…

これは森さんがスベったわけでなく 森さんが不人気なのだ…

(煽るではなく どんだけ引っ張るの?が正しいと思うのだが それは別にいいや)

 

じゃあなぜ不人気なのか?それは笑ってるけど作り笑顔 ヤンキー感が抜け切れず

森さんを見ていてお客さんは癒やされない アイドルの感じが無い 様々でしょうね

 

 

あとね 森さんぼくのこと好きすぎて ぼくにばかりレス送りすぎ


↑この日のアリオ蘇我なんて ぼくが最前にいたからってマイクを通してぼくに話しかけてきたし いやまぁ嬉しいっちゃ嬉しいけど 新規のお客さんにもレス送らないと駄目だし 愛はファン全体に送らないと駄目だよ それに”ぼくの森さんの絆”に嫉妬するファンも出てきちゃうでしょ?

 

なぜ森さんはこんなにぼくを好きなのか?特典会の対応が良かったのか誕生日のプレゼントが気に入ったのか 謎です…

 

 

なので心を鬼にして 特典会で直接 森青葉さんに説教することに決めました

「ぼくにばかりレス送るのはやめたほうがいい」「あなたが変わらなければはちみつロケットは変わらない」と 今後はちみつロケットが参加する3Bライブの特典会は森さん優先にして直接説教することに決めました

 

メンバーに嫌われても構わない はちみつロケットが成長するのならば…

次のはちみつロケットライブは18日ですね