読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ももいろクローバーZ 私立恵比寿中学 3Bjunior ハロプロ

3Bjuniorファーストアルバム マジェスティックセブン「未知とのSo good」「友情のプラネット」

ももクロ妹分 3Bjuniorのファーストアルバム

その中に収録されているマジェスティックセブンの楽曲

f:id:tc26_a:20161001164209j:plain

「未知とのSo good」と「友情のプラネット」について語りたいと思います

 

正直言って マジェスティックセブンの楽曲を語るのはややこしいです

とても長くなります

 

 

さて マジェスティックセブンの楽曲はとても評判が良い

いかにも…”楽曲派”が好みそうなダンスミュージックで固めてるユニットです

マジェスティック初のオリジナル曲「未知とのSo good」初披露は話題になりました


 

友情のプラネットの編曲はユメトコスメの長谷川泰宏さん

長谷川は坂本真綾花澤香菜の楽曲に参加した アニメ寄りの方です

そして近年ではNegiccoの楽曲に多く参加しています

 

ようするにマジェスティックセブンはNegiccoの妹のような存在ですね

同じような”渋谷系好きおじさん”に好かれるタイプの楽曲を歌う

 

 

未知とのSo goodは 東京女子流の編曲の松井寛さんがよく使うピロピロリーンって音も使ってるし 歌詞はアイドルらしいし メンバーは若いし

 

Negicco東京女子流のいい所を全部詰め込んだような曲

 

 

友情のプラネットはさらに長谷川のストリングスが加わり

よく聴くとハープの音が随所に サックスも入る

 

このサックスが”テナー”なのがキモです テナーとは低い音のサックスで

少し色気のある音がします わざわざテナーを選ぶのがマニアックです

 

 

 

で マジェスティックセブンを語る上で避けては通れないのが

f:id:tc26_a:20161001165754j:plain

新潟アイドルRYUTistのアルバム「日本海夕日ライン」です

 

なぜ避けて通れないかといいますと

「もしもマジェスティックセブンがアルバム出したら…」そのまんまなのです

ほぼマジェスティックセブンと同じ楽曲のアルバムです

 

特に3曲目のpiece of lifeなんてまんまマジェですわ

ようするに先に越されてるわけです

で このアルバムを聴いて思うわけです

 

「こんだけ素晴らしいアルバムが出ても まったく話題にもならないし

楽曲派が喜ぶ曲を作り続けても意味なくねーか?」

 

ちなみに日本海夕日ラインはアマゾンでレビューがたったの1件だけ

そもそもこのアルバムが発売されたこと自体 知る人は少ないでしょう

 

 

で もう少し深く”楽曲派”に気に入られる曲の問題点に切り込むと まず

 

・そもそもアイドル現場で良質なダンスミュージック流した所で

ドルオタは素直に踊ってくれるわけでもないし 意味ないよね

 

これはいつも思う大きな問題 Negiccoや女子流など 

最近ではフィロソフィーのダンスなど 良い曲をドルヲタの前で流しても無意味だ

それで売れるわけじゃない

 

で 次が重要な問題

 

・そもそも楽曲派おじさんに気に入られる曲は

”良い曲”なのか?という問題

 

 

 

 

そう ここが今回の重要なテーマです

良すぎる曲は飽きるのだ 綺麗過ぎて引っかかりがない 中毒性が無い

マジェスティックセブンの2曲も 最初はあんなに良いと思っていたのに

だんだん飽きてくるのだ 最終的に…他の曲を繰り返し聴くことになる

 

それはマジェに限らずNegicco東京女子流の曲も リューティストも

 

こういった良質ダンスミュージックアイドルソング系は

DJクラブでかけると「おいおい誰の曲だ?」「アイドルなのにすげー!」で

毎日家で聴けちゃうと魔法が解ける

 

 

でも曲自体は良いわけだから ”実は良い曲ではない”といった結論は可哀相

じゃあいったい何が駄目なのだろうか?何が足りないのか

 

 

ぼくの考えた結論は格好良さです


↑これはたこやきレインボーの音源化されていない隠れた前山田健一作詞作曲

「ナンバサンバイジャー」ですが 何度聴いても最高です 傑作

 

狙い過ぎで笑える英語から入り 全体的にギャグテイスト

でもなんで聴いてるうちにこんなに泣けるのか こんなにカッコイイのか?

 

 

それは みんなに届けたいという想いがあるから

一部の音楽好きだけでなく もっと幅広い層に届けたいという強い想いがあるから

”熱い想いがあるからこそクールな作り”

 

それが ぼくにとってのカッコイイです

前山田健一は酷い曲もいっぱいある ももクロニューアルバムの曲もわりと微妙だし

でも良い時の健一は 誰にも真似出来ないとんでもないものを生み出す

 

 

マジェスティックセブンの曲は良いんだけど 格好良さが足りない

”良いだけの曲”は実は作るのが簡単

 

でもぼくは思うのです 「良い曲ではあるのだから 良い曲でいいじゃないか」

しかしみんなに届かないのだから良い曲ではないとも言える…

答えがみつかりません