アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部

11/4 3Bjuniorリーフシトロン 大宮路上ライブ 3Bを象徴する出来事

ももクロ妹分 3Bjuniorのユニット

リーフシトロンの大宮路上ライブを観てきました

 

前回は確か10月21日だっけ?(生ハムワンマンの日だったからよく覚えてる)

そのライブの日に「次回は同じ場所同じ時間の11/4」と発表がありました

 

今日のライブは不可解なことがありました

なぜか3B運営があまりリーフシトロンの路上ライブを宣伝しない

www.3bjr.com

↑公式サイトにも今日のライブの日程が掲載されていないのです

 

最初は運営のミスかと思いました しかし…これには深い理由があったのでは?

これもリーフシトロンの「路上から出発」の物語作りの戦略の一環で

あまり人に集まってほしくないから あえて宣伝しなかったのではないでしょうか

 

と深読みしてみたけど 単に運営のミスだったりしてね(^_^;)

今日は前回より多めのカセットテープ180個用意したみたいだし

 

 

f:id:tc26_a:20161104235425j:plain

↑ライブの様子 今回も撮影OKでした

お客さんの数は前回より減ったか ほぼ同じくらい?たぶん150人くらい

 

今回は初披露のカバー 「待つわ」とキロロの「ベストフレンド」

「待つわ」は良い悪いというより 困惑しましたね

 

リーフシトロンは大人っぽい曲にも挑戦しますよって意味なのだろうか?

オリジナル曲もそっち路線に行くのか?3Bはベストフレンドやりすぎ!

逆に面白いけど

 

 

途中のMCで ”ある事件”がありました

前回発売されたラジオ入りカセットテープの感想をお客さんに聴くコーナーで

あるお客さんが「くりりんが滑ってた」と言い放ち 一瞬その場が凍りつきました

 

 

たぶんお客さんに悪気は無いし ぼくは悪いことをしたとも思わない

なぜならこれは3Bjuniorのシステムがさせたことだからだ

 

 

前からこのブログで批判している3Bjuniorの長時間のお話特典会

その長時間の会話の特典会が続いたら何が起こるか?

 

最後はネタ切れやお友達感覚になり

メンバーをいじることしかやることがなくなるのだ

 

リーフシトロンは栗本柚希がボケ担当 なので特典会の延長線上で感想を述べたのだろう きっと笑って返してくれると思って

しかし 明らかにその時は一瞬間があり 返事に困った様子だった

 

 

ぼくは勘違いをしていました

f:id:tc26_a:20161022014958j:plain

栗本柚希は”いじられるのを苦にしない強い子”ではありません 無理してます

人見知りだから チラシ配りも大変だったと書いています

 

リーフシトロンの路上ライブは次回は一週間後の11/10と発表がありました

これからリーフのライブがガンガン入るのは同時に特典会も増える

栗本柚希が特典会でいじられる回数も増えるということだ

 

いつか栗本柚希の笑顔が曇るのではないか 心配です

 

 

あせらず、つじの~んびり