アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46

私立恵比寿中学エビクラシーは最高で最悪のアルバム

ももクロ妹分 私立恵比寿中学のニューアルバム

エビクラシーの感想書きます

f:id:tc26_a:20170615194920j:plain

 

 

このアルバムは音楽好きとしては興味深い内容になっています

なぜなら このアルバムを聴けばだいたいの音楽のジャンルを体験できます

日本のJ-popの定番のベースラインが殆ど詰まってます

 

・制服報連相ファンク スラップのファンク

・感情電車 本当はテクがあるのにあえて抑えるベース

・紅の詩 普通のベース

・コミックガール とんでもないテクのベーシストだが前に出過ぎ 5弦かな?

・さよならばいばいまたあした ゆったりテンポのベースだが実はゆったりは難しい

・なないろ スライド連発のベースライン

・君のままで 誰でも弾けるルート弾き ラウドロックっていうの?

春の嵐 このテンポでこれだけ動くベースは高難易度

 

全体的にハイフレットが多用されたアルバムです

ベースのハイフレットとは大雑把に言えば下のほうが使ってる

f:id:tc26_a:20170615200200j:plain

下の方使うの難しいです ようするに凄腕ベーシストが参加してるってこと

下に行けば行くほど高い音になる ベースはハイフレットに行った時が一番カッコイイ

 

 

まず制服報連相ファンク 脳漿炸裂ガール抜きにしたらエビ中楽曲初のスラップかな?

ファンク好きだけどこの歌はそんなに好きじゃない ここぞと言う時にスラップ入るのが好みなので「ファンクなんだ」くらい

 

感情電車はお化け楽曲である はっきり言って凄すぎる

この曲はメロディ部分は大したことない 歌はゆったりで感情は全部裏の楽器に任せてる 特にサビは裏がガーと鳴ってボーカルは普通 ポップコーントーンのボーカル抑え版と考えればわかりやすい ベースは間奏だけ急にハイフレットでになり悲しさを表現

 

紅の詩は普通 途中でギターソロが入る

 

コミックガール この曲はわりと好きだし良いと思う

この世界には漫画のヒロインがちらばってるんですよって曲

でもヒロインを見てるあなたも目がハートで漫画のキャラになってるよってオチ

とんでもなくベースが動く ベースが全面に出すぎて不自然

案の定作曲した四星球はベースがリーダー 泣きのベースラインで切なさ表現

 

さよならばいばいまたあした このくらいテンポゆったりになると逆にベース弾くの難しいんだよ 音外したら目立つからね こういう曲のほうがベース聴き取りやすいけどロックのルート弾がスタンダードになってから「ベースって何?」となってしまった…

 

なないろ この曲は賛否両論である 理由ははっきりしてる


MVがギャグに近いからだ

じゃあなんでギャグなのか 真山のアレがでかすぎる

「へ~これがエビ中の新曲か…あれ真山くそでけぇ…あれ服の色が変わって 笑えばいいのか?真山のアレでけぇ」もはや何に集中すればいいのかわからなくなる

笑えばいいのか感動すればいいのか あまり感動する人いないか

 

しかし自分はなないろが一番好きです 何しろベースラインが糞カッコイイ

サビのスライドの入るタイミングが面白い ”はじまりは(グゥ~ン)”なのだ

普通は”グゥ~ン はじまりは~”なのです

 

 

君のままで ギターから入る曲 ギターから入る=この曲はロックですよーの合図

ベースは簡単なルート弾(同じの音を連打するの)こういった曲が一般的になったせいで「ベースって何?」やルート弾の音だけしか認識できない人が増えてしまった

じゃあルート弾嫌いかと言えば嫌いじゃない そもそも浅野尚志の曲はルート弾が多い

問題はセンスなのである この曲は何も感じない

 

春の嵐 問題作である sora tob sakanaのサウンドプロデューサーの照井さん作詞作曲

この楽曲は全体的に変わってるが(キーボード主体)一番変わってるのは鳴きのギター

アイドル楽曲でここまでギター鳴かせるの珍しいっしょ 

照井さんはここぞという時に激しいドラムを入れるのが一貫してる

ベース良いけど音量小さい

 

 

まったく飽きさせることのない傑作アルバム

正直エビ中のアルバムの中で一番好きかもしれない

穴空も金八もいいアルバムだけど曲が多くてごちゃごちゃして通して聴く気にならない

アルバムとしての完成度はエビクラシーが一番 何度でも通して聴ける

 

 

けどこのアルバムは最低です

なぜなら もはやアイドルのアルバムじゃないから

エビ中が歌う必要が無い インストだけでいい

細かいこと言うとポップコーントーンやモラトリアム中学生のほうがいい

ベースラインが良くてアイドルに落とし込むは「頑張ってる途中」でとっくにやってる

 

チームしゃちほこのミニアルバム「いいじゃないか」が不評だった理由 今ならわかる

ようするにやり過ぎてもはやただのJ-popだ アイドルに歌わせる必要が無い

ただの良い曲を作るのは簡単なのです

 

でもぼくは個人的にエビクラシーが一番好き 通して聴けるから

でもアイドルのアルバムではない 穴空や金八は良いけど通して聴ける人いるか?

でもアイドルとしては良いアルバム なんともアンバランス

 

 

今のエビ中を見てると思ってしまう

スタダアイドルグループでちゃんとアイドルを引き受けてるのはときめき宣伝部だけだ

f:id:tc26_a:20170615212038j:plain

エビクラシーはどこに出しても恥ずかしくない楽曲 それはとてもダサい

ときめき宣伝部は恥ずかしい曲ばかりだ だからカッコイイ

 

どんなにエビ中の楽曲が良くても

自分はぐーすかPやむてきのうた レモンジュースのほうが好き

 

 

それではまたね(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"
ぴょーんぴょん♪