アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす はちみつロケット ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず

ロッカジャポニカ1stアルバム「Magical View」が突きつけたアイドル文化の限界

ももクロ妹分 ロッカジャポニカの1stアルバム

Magical Viewの感想を書きます

f:id:tc26_a:20171130212811j:plain

 

変な曲ばかり出し続ける変なグループだったロッカジャポニカ

急にまともな曲を詰め込んだ意欲作であるMagicalView

 

当初はとんでもない名盤になると期待しましたが

CD音源でじっくり聴いた後では感じ方がだいぶ変わりました

 

 

このアルバムはとても良くできたアルバムです 捨て曲無しの名盤

しかし傑作か?と言われれば 普通としか言えない

 

 

具体的に言うとNegiccoあたりが出す「いいアルバム」に近いと思う

隙が無く文句のつけようがないアルバム

けどどこか「う、うん良いアルバムなのはわかるけど べ、別におれはいいかな」

みたいな感じ

 

 

それはどういうことなのか ようするに通に媚びてる感じが鼻につくのだ

優秀な人達が丁寧に作った感が強い

偶然できてしまった奇跡的なアルバムな感じは皆無

(あくまで高いレベルの話ね)

 

 

 

f:id:tc26_a:20171130214147j:plain

ももいろクローバーZ奇跡の名盤バトルアンドロマンスには全然届かない

このアルバムはまだ語り尽くされてないので近いうち総括したいと思う

 

 

 

 

さて これは前置きでもっと具体的な感想を

まず聴いてて思うのが夏曲が弱いですね

「Chillっ子同盟」がどうしても弱い 歌詞にかせきさいだぁ起用だけどわりと平凡な歌詞で肩透かしを食らう(^_^;) 作曲家渡辺翔の無駄遣い感がハンパない

渡辺翔に夏曲が合わないのか無茶な注文されたのか chillっ子同盟は残念

渡辺翔は女子流の鼓動の秘密もいいが 本当の名曲はClariSのプロミスである)

 

 

「ぶっちぎりデイズ」もアニソンっぽい編曲で激しい生演奏ベースで良いと思うし

放課後アフタースクールは抜きん出たお化け楽曲だし

BUSYも年末年始のあたふた感を音楽で表現できてる

アストロガールは…ちょっと微妙だが

 

けど毎日聴いてると飽きてくる 良いけど自信をもってみんなにオススメできるほどでもない アベレージは高いけど よく出来た佳作感が強い

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもなお このアルバムは特別です

 

ジャケットのメンバーの無表情 ここに大きな意味がある

 

 

思い出してほしいのはサードシングル「だけどユメ見る」

このMVでロッカジャポニカは笑顔を封印します(厳密には最後に笑ってるが)

この曲で空気が変わった 実はこの曲が大きな転換期だったのです

 

 

ここでロッカジャポニカは”笑顔笑顔で売る”から”絶望から立ち上がる”にシフトチェンジしていたのです

 

だからアルバムリード曲もさらに笑顔を封印した楽曲になっているのです


「もう笑顔笑顔で売っても二番煎じで駄目だ」 「新しい戦略を」と 

実は考え抜かれた路線変更だったのです

 

 

 

正直発売された時はだけどユメ見るが嫌いでした

おいおい急に普通の路線で一般層に媚びうるのかよ と

でも今じっくり聴くととんでもない名曲なのである 特に2番のサビ

 

逢えるけど逢えない時間はながい

晴れでも雨でもキミのことばかり

 

会おうと思えば会えるけど夢をかなえるまで会えない

ここがグッとくる こんなに良い曲だったのか

 

 

 

このアルバムの軸は間違いなく「だけどユメ見る」なんです

超絶無重力ベースラインの名曲「タンバリン凛々」もあるけど

それはいつか自分でベースを弾いて解説したい

 

 

 

じゃあなんで

なんでこんなに手応えが無いのか 売れる気がしないのか

残酷な言い方をするとだけどユメ見るに共感するような層はそもそもアイドルなんかに興味無いから なのである

 

誰がこれを聴くんだ という残酷な結論に達する

 

 

 

 

 

誰が感動するのか


「だけどユメ見る」っていう曲めっちゃ好き☺️
心に染みるというか、響く感じ!
自分と重なってうるってくる😢
もぅ、ずっと聴いてます💓

「ナビなんかないユメへの道を行くよ」っていう歌詞、凄くカッコイイ✨

とき宣みんなでMVとかも観たよ〜( ੭•͈ω•͈)੭

凄い素敵でした〜✨

 

皮肉なことに 同業者のアイドルなんです 

駄目人間の集まりとなってしまったアイドルファンには響かない

 

 

「この層に良い曲を届けても無意味なのでは?」

じゃあこの曲を届けるべき層とはなんなのか

それをするためには何が必要なのか

なぜアイドル文化は衰退したのか

 

MagicalViewはアイドル文化の限界の象徴なのです