アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 いぎなり東北産 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず

アイドル応援ブログがなぜつまらないか?2~セカイから世界へ~

アイドル応援ブログがなぜつまらなくなるのか?

最終章の説明をします


これの続き

 

 

↑のエントリーにこんなコメントをいただきました

f:id:tc26_a:20180106211556j:plain

 

 

 

説明が足りなかったのでこれについて補足説明しますね

この方の言ってることはもっともです

そして一見「ぼくと何々ちゃんを徹底すると面白い」と誤解しそうになりますが

 

違うんですよ

 

 

 

ベースに「誰かのために何かしたい」があってこその

面白いブログ なんですよね

 

 

 

ぼくが言ってる「つまらないブログ」はぼくとアイドルのポエム

そして付け加えると

まったく面白くない ただただ気持ち悪いだけ

これはブログに限らずTwitterなどのSNSもそうですが これが今の時代は多い

 

そして「狂ってるボク面白いでしょw」で思考が止まり

応援どころかただのネガティブキャンペーンが続き

「アイドルって馬鹿が応援するものなんだなぁ」と白い目で見られる

(が 本人は自分を面白いと勘違い)

 

 

 

では ”ぼくとつまらないアイドルファンの違いは何か?”

何度も言ってるようにセカイから世界へ なんです

 

つまり

みんなに伝わる面白さを徹底する

一般人にも伝わるように書く それだけ たったそれだけ なんです

 

逆を言えば 本当に誰かのために何かをしたいと思うなら

勝手にそうなるはずなのである そうならないのはなぜか?

何かを応援してるフリして自分が大好きだからだろうね って話になるのよ

 

 

 

 

例えば面白いブログとはこういうことだ

3Bjunior市川優月

f:id:tc26_a:20180106212648j:plain

f:id:tc26_a:20180106212653j:plain

ほんとうに脚がエロすぎる ペロンペロン舐めたい

MJ7で市川優月の脚をマッサージ特典会やってほしい

「ゆづ毎日レッスンで脚がくたくたなの みんなでマッサージしてね(は~い)」

みたいな感じで 確実に稼げますよ

 

ただ 個人的には脚の指をペロペロしたい

「そんなにゆづの脚なめたいの?変態だね」と言われながら

 

 

 

 

 

 

MJ7の小田垣陽菜がエロい事に最近気づいた

おっかけ!3B junior 小田垣陽菜 | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

f:id:tc26_a:20180106213148j:plain

完全にエロ担当である 少し前までロリキャラだったと思うが

 

f:id:tc26_a:20180106213237j:plain

ぼくから見た小田垣陽菜のイメージはコミュ力が高い田舎のエロおばさんだ

スナックのママが合ってると思う

f:id:tc26_a:20180106213554j:plain

ただ…残念ながらアイドルとしてはどうなのか?

しかし根強い小田垣陽菜のファンがいる理由がわかった気がする

MJ7は大平ひかるも露出狂だし小島はなもエロいし もはやエロスティック7だな

 

 

 

 

 

ステップ2 妄想

f:id:tc26_a:20180106213539j:plain

葉月智子は誰がどう見てもエロいしAV女優の早乙女ルイに似てる

でもぼくのお母さんではないんですよね

あくまで設定としては近所に住むえっちなお姉さん

 

ぼくのママは雨宮かのん 内山あみ 愛来が妥当かと

f:id:tc26_a:20180106213748j:plain

ただ オデコだした愛来の破壊力が凄まじいので

愛来ママが熱いですね

 

 

しかし である

f:id:tc26_a:20180106213844j:plain

公野舞華ママという新キャラが誕生しつつあるのだ

髪を切って顔がデカいのが強調され しかも太ってきてる

良い意味であーりんを引き継ぎはじめてるのだ(悪い意味でもあるが)

 

「いや これ完全にぼくのママだろ」と思い始めてる

元気な子を生みそうな下半身だし 将来は5~6人子供を連れて歩いてそうだし

f:id:tc26_a:20180106214054j:plain

(関係ないけど↑この写真 どのメンバーを◯ックから☓☓したいですかってことかね)

 

f:id:tc26_a:20180106214621j:plain

華山志歩も良いが 残念ながらママでは無い気がするな

これも近所に住むエロい熟女枠だろうか

 

 

雨宮かのんと愛来のヤンキーママ2人に起こされて

内山あみママが作った朝ごはんを食べながら遊びにきた葉月智子お姉さんに興奮し

小田垣陽菜ママ(スナックの)の店で癒される

 

そんな生活をしたい

 

 

 

 

 

ステップ3 深くダイブする


そして、かなみん💙ぴよ💚としゃぶしゃぶ食べ放題ランチしてきたよ~
もーねめっちゃ食べた
そしてめーーーちゃしゃべった笑笑

 結構前のブログだけど

ときめき宣伝部のひとかちゃんとひよりと辻野かなみで食事したらしい

おそらく…余所余所しい関係を解消するためのお食事会なんだと思う

f:id:tc26_a:20180106215247j:plain

新メンバーも入ったし変わろうってことだろう

 

 

 


そして辻野かなみとひとかちゃんの日帰り旅行

これも上の続きで余所余所しい関係解消キャンペーンだろう

f:id:tc26_a:20180106215558j:plain

 

写真を見るとまだ表情が固い 打ち解けるにはまだ時間がかかりそうだ…

というか 遅すぎる 何もかも遅すぎる

メンバー脱退 新加入前にこうなるべきでしょう

 

それと… 小泉遥香が蚊帳の外なのが気になる

 

 

 

 

 

関係無いけど

f:id:tc26_a:20180106215858p:plain

ひとかちゃんのIphone8Plusのカメラ性能の無駄遣いが少し面白い

f:id:tc26_a:20180106220044j:plain

後ろがボケて高画質っぽいのはわかるが ここまでの性能JKに必要なのか?笑

高級カメラ自慢おじいちゃんより遥かに高画質なのは凄いと思うけど

 

 

 


私ね、iPhone Xに変えたんです!いえーい!
 
ポートレート機能に浮かれてやたら写真撮りまくってるのー!!!!ニヤニヤ止まんない☺︎

 

たぶんはちみつロケットメジャーデビュー記念で親に買ってもらったんだろうけど

華山志歩にiPhoneX買い与えて何があるんだ笑 すげー無駄になりそう

アキラの「アメーバに力を与えても家を建てないわ」「それが鉄雄だってのか?」って台詞思い出した

 
 
 
 
ばってん少女隊の上田理子は

f:id:tc26_a:20180106220820j:plain

微妙に愛来に似てきてる

上田理子もぼくのママ候補かな…くく 

 

 

f:id:tc26_a:20180106220851j:plain

ばってん少女隊の星野蒼良 アキバに立つ

これ向こうの方にエッチな玩具の店ある場所だよね

 

 

秋葉原歩いてたら、スターウォーズ
フィギュアの展示みたいなのがあってて、
見たんです!

最近、テレビでスターウォーズ
見たので、少し興味があったんですよ(๑•̀д•́๑)و

そらは、チューバッカが好きです!

なんか、くまさんみたいじゃないですか?
可愛いな〜(*´˘`*)♡

 

よーしじゃあチューバッカのコスプレしてそらちゃんを襲っちゃうぞ(^^)
 
 
 
 
 
鉄キャラを狙う腹黒りじゅ


 

f:id:tc26_a:20180106221904j:plain

 

駅のホームドア の種類が
違うところもあって見るの面白い〜〜^ - ^
 
窓があったり窓がなかったり
窓の形が違ったりするんだ〜
昔からちょいちょい鉄道ネタ入れてる桜エビ~ずのりじゅだが
パパが鉄道好きなだけで本人は鉄キャラを狙ってるだけである
 
矢口にならないでほしい
 
 
 
他にも桜井美里 泣けるおばあちゃんの話や
3B中村優コメント返し放置事件とか色々ある
 
 
 
 
 
 
 
いかかだったでしょう
なぜこんな感じのブログが少ないのか
みんな面白いこと書けとはいわない でもあまりにも少なすぎる
 
 
 
コメントの話に戻るが「徹底してないからつまらない」は少し当たってる
徹底を凝るに言い換えて話をすれば そもそもドルヲタって呼ばれてるけど
何かに凝ってるわけでもないのに オタクを名乗るなバーカ
と昔から言ってる
 
つまりドルヲタは何かに凝ってるわけでもない
ただ性格が気持ち悪いだけの生き物である
がぼくの持論です
 
 
 
じゃあなぜ凝ってる人が減ったのかだが
特典会
が大きく関わってると思う
 
特典会が全て 実際のメンバーとの会話が全て それがリアル
それがイマジネーション 考える力を奪ってる
もっというと他人への興味だが 長くなるからやめとく
 
 
 
 
 
逆襲のシャアという映画で

f:id:tc26_a:20180106223011j:plain

父親が宇宙で働いてて 母と子は地球に住んでるのに平和な家族を見て

「わたしは一緒に住んでるのに…」という印象深いシーンがある

何年も前の映画なのに日本はここから何も進んでないのだ 何も学んでない