アイドル見るのが呼吸

河合向日葵 ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 いぎなり東北産 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず はちみつロケット

劇場版「咲-saki-阿知賀編」全然期待してなかったけど面白かった

色んなアイドルが出演するどうみても糞コスプレ映画

劇場版 咲阿知賀編を初日に観てきました

www.youtube.com

 

私立恵比寿中学中山莉子

チームしゃちほこの咲良菜緒出演のほぼアイドル映画です

 

初日のレイトショーでしたが ガラガラでした

ぁぃぁぃのコックボーといい勝負ですね

 

 

まず実写版咲について言いたいのは

このドラマ 映画は「中途半端 誰に向けてるんだ?」です

 

ぼく個人としては女子の格闘漫画の実写版の殴り合いの喧嘩とかのほうが

面白く料理できるしみんな見たいと思う

 

ただ…危ないしイメージダウンや 可愛らしいのを見たいって需要もあるので

「麻雀で対決」ってのはアイドル映画としてはかなりギリギリの落とし所とも思えるので まぁしょうがないよねって気持ちもある

 

 

問題は前回のぁぃぁぃの「タコス娘役」のように頑張っても笑われるだけで誰が得するんだ?的なことですね 頑張り損じゃないか?と

どんなに興行成績良かろうがいい映画なろうが萌え漫画アニメを題材にしたら常についてまわると思います なのでできるだけオリジナル脚本などがベストだけど…それだと金は集まらないから咲が落とし所なのでしょう

 

 

 

 

映画の感想

詳しいストーリーは知らんが麻雀の予選から始まって準決勝まで?の話だったかな

 

まずこの映画を見ていて面白いのが画面にほぼ男性が出てこないことである笑

(試合を見てるおじさん達の映像はチラッと写るが)

そして事務所の力関係などが垣間見れて面白い

 

ようするにオーディション組と向こうから出演の依頼が来た組の力関係など

スターダストプロモーション組は出番が多すぎる笑

 

 

 

 

ぶっちゃけ普通にこの映画むちゃくちゃ面白いです

下手な低予算日本映画よりも楽しめます

下手したらファンでなくても普通に泣けます そのくらい出来がいい

 

 

余計な話など抜きで大会予選から始まる

そこで主人公の高校 その他3高の対戦相手との対決が始まる

「この映画はこの3高との戦いまでの話なのね」とわかりやすい

 

 

 

この映画は序盤でいきなりクライマックスが来ます

主人公の高校の下っ端と咲良菜緒と今回の映画のぁぃぁぃ枠の人(変なキャラの役)で強敵の独走を阻止する熱い展開になります

 

スラムダンクで例えると牧に4人ついて抑える展開のような感じです(古いか)

 

 

 

この対戦でめっちゃ咲良菜緒が活躍します するのですが…

正直咲良菜緒は 大画面に耐えられるルックスではない(^_^;)

可愛くないとかそういう問題ではなく 肌がめっちゃ荒れてます

そして制服がコスプレっぽい

 

というか ぶっちゃけ今回の咲 ほぼ全キャスト大画面に耐えられるルックスではないと思う笑 ほぼ素人に近い人達が無理してる感が凄い!

 

 

 

そしてぼくは重大なことに気づいてしまった

咲良菜緒は めっちゃ松田龍平に似てる

咲良菜緒誰かに似てるんだよなぁ…」と思いながら見てたら松田龍平だった

(あくまで咲の役やってる咲良菜緒の話です まぁ普通でも少し似てるけど)

 

 

先の展開を見る超能力を使いすぎてフラフラの咲良菜緒

口癖が「すばらです」(素晴らしいの意味)の変なキャラの人

下っ端だけど頑張る主人公の高校の人がチームワークを発揮する

 

 

特にこの映画を”いい映画”に持ってったのが”すばらが口癖の変な人”です

この矢野優花という方はどうやら普通の役者でアイドルではない

なので演技自体が上手く 変な役なのに大真面目に取り組んでいます

 

 

咲良菜緒とすばらさんのサポートで主人公チームが一矢報いて最初の山場終了

ここが熱いし泣けますが ぶっちゃけこの映画はここがクライマックスで

こっから盛り下がります笑

 

 

 

この映画の最大の欠点は日比美心の出番が少なすぎること

別にぼくが個人的に思い入れがあるとかじゃなく 普通に美心ちゃんがルックス的にマシで 強豪校の怖そうな人の役を演じきれていて いつまでも見たいと思わせられてる

 

なのに美心ちゃんは「クセを見抜かれててあっさり負ける」で出番終わり笑

うそーんって感じだった(^_^;) (それ以上にアプガの青の子も出番少なくて可哀相だけど)

 

 

フェアリーズの伊藤萌々香と水春の対局も結構あっさりしてる

ちなみに水春の演技はかなりヤバイです(^_^;)

 

 

そして中山莉子

中山莉子は明らかに事務所の力で”おいしい役回り”で嬉しいような恨まれそうで怖いような変な気持ちになります みんなの気持ちを背負って圧勝!って感じでカッコイイんだけど話としてはつまらない

 

ちなみに中山莉子は比較的ルックスはましだけど体型がゴツいのでアイドル厳しい

そのゴツさがロリ時代はロリ臭を隠せて良かったんだけどね(小林歌穂も)

 

 

で主人公戦も同じようにただ主人公すげーで終わりであまり盛り上がらない

ただ 映画全体のテンポがいいのでダレるわけではない

 

 

 

で 映画として面白いのはわかるが じゃあ全員に勧められるかって言ったら

所詮はアイドル映画なわけで ぶっちゃけ誰に向けてんだ?ってのは残る

 

じゃあぶっちゃけこの映画で抜けるか?と言えば

そこまでのシーンは全く無い

(完全に無いわけではない 不自然な太ももカットはある が それで抜けるか?)

ある意味 真面目な原作が仇となってしまっている

 

 

 

スターダストプロモーションのファンの人は確実に楽しめます

エビ中や鯱のメンバーが出てれば問答無用で面白いと感じる人など

 

”スタダ妹分アイドルが大画面で写るとどうなるのか”を確認する意味でも面白い作品となっています 結論としてはチームしゃちほこと私立恵比寿中学は辛いですね

 

でも咲良菜緒は美少女役でなければ使いみちはいくらでもあると思われ

 

映画館で見る価値は間違いなくあります