アイドル見るのが呼吸

アイドル見ることが呼吸みたいなもんっす はちみつロケット ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 3Bjunior 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず

ももいろクローバーがブレイクした当時を振り返る 今後ももクロは出てこない理由

ももいろクローバーピンキージョーンズをリリースした頃のぼくは

アイドルに興味のないアニヲタでした

 

 

一般人の視点から見ると最初にももいろクローバーが注目浴びたのは

パフォーマンスでも歌でもなく

高城れに激ヤセ事件のまとめサイトです

 

まぁそれはどうでもいいんだけど笑

ピンキージョーンズ時代の高城れにはガイコツみたいだった)

 

 

そしてヨスガノソラというアニメのEDのED?で無理やりエンディングテーマにねじ込む

順番忘れたけど正式なEDとは別にオマケのEDような形でピンキージョーンズが流れる

そのアニメーションも酷かったんだけど

 

ピンキージョーンズで一部のアニオタは「いい曲だな」と感じていた

 

 

 

そして一部のアニオタが完全にノックダウンされたのが

ミライボウルだったのです

www.dailymotion.com

下手くそな「おじゃましまーす」から始まる変な楽曲

「たまたまピンキージョーンズが良かったのではなくももいろクローバーってグループが凄いんだ」と皆確信した

 

 

 

じゃあそのミライボウルあたりで食いついたアニオタとは何だったのか?

それはアニソンがメインカルチャーから無視されていた時代を生きたアニオタです

 

 

具体的な例を上げれば… 例えばアリプロジェクトの「コッペリアの柩」90位とか見て育った世代 ROUND TABLEとかも全然売れてないよね?

奥井雅美とか けどアニオタは「そんなもんだろう」って怒ることもなく自分らはサブカルチャーとして好きな音楽を聴いて平和にすごしていた

 

 

 

その層がミライボウルに食いついたのである

つまり当時のももクロ熱はアニソン聴いてセンスが磨かれていた世代の結晶のようなものなのである「俺たちの聴いてきたものは間違ってなかったんだ」と

 

 

そして現代

今の若者は生まれた瞬間からアニソンが権威の時代を生きてるのです

そして厄介なのが(ここが重要)

どう考えても権威側なのに西野カナとかより凄いんだ~と権威なのに弱者ぶる女々しい痛い最強状態 これが現代のオタクです(何にも精通してないから本来オタクじゃないんだけど)

 

 

そしてアニソン自体のクオリティも明らかに昔よりも劣化しており

センスが磨かれることもない

 

 

 

まとめると

自分で選んで良いものをチョイスしてセンスが磨かれ

ん?これ凄いんじゃないか?(と自分の頭で考えて選んで)大ヒットは

今後無いと思われます

 

もう旧世代アニソン好きは絶滅しましたから

アニソンに限らずオタクという人種は

 

 

そして旧世代のオタクは自分で何かを生み出す存在でした

 

ももいろクローバーの画像投稿作品の検索 [pixiv]

↑例えば ピクシブももいろクローバーで検索したら

昔はいっぱい出てきました(今でもイラスト描いてる人いるけど減ってる)

 

 

ももクロの同人誌書いてた人もいるでしょう

2010年あたりは ギリギリで旧世代オタクが存在したから

シーンが活性化されたのです でももう無理です

それは良いアイドルがいないからとかそういう問題じゃない

 

ももクロが今デビューしても売れないでしょう

www.youtube.com

 

 

旧世代オタクらしく細かい話をすると

ameblo.jp

やっぱこのブログでももクロが好きになりましたねぇ

 

今後オタクは出てこないことに悲観せずに

細々と旧世代アイドルオタク 音楽オタク残党として情報を発信し続けます

殆ど読まれなくても